ブログ

食事管理アプリで食生活が変わった

おはようございます。

この週末久々に体重計に朝晩乗りました。

地味に体重が減っていました。

これまでと違っていい点は
筋肉量はそのままに体重が減ったということ。

なので、自分にとっって、
この1kg、2kgにはすごく価値があります。

何もしていない訳ではなく、
食生活を少しずつ変えています。

  

きっかけは食事管理アプリ!

1ヶ月ほど前に、
アプリで食事記録を始めたことを書きました。

10日ほどつけてみて、
自分の食事傾向が客観視できました。

私は、
脂質と糖質が摂取過多で、
たんぱく質がとても不足していました。

摂取カロリーもかなり多かったです。

 

具体的に変えたこと その1

アプリで数字をまざまざと見せつけられた
脂質の摂取量に危機感を覚えました。

毎日のスイーツをやめにしました。

もう毎日の習慣化していたから、
「今日はあそこのケーキを買おう」
という脳内思考ルーティン化されていました。

週2回は行っていたケーキ屋さんに無意識に足を運びそうになっていた 汗

それも2−3日、禁断症状も2−3日。

それを過ぎればなんてことありませんでした。

今も週2くらいで食べていますが、
毎日食べなきゃ!という思いはなくなり、
週1−2で十分満足。

 

具体的に変えたこと その2

2つ目は明らかに不足しているたんぱく質を
プロテインなどでも補うようにしたことです。

食事から摂取するのが一番ですが、
みなさんもご存知のように
激しい運動などを伴う場合、
食事からだけでは不足しがちです。

ゆで卵を3−4個食べていたりしたのですが、
それは脂質過多にもつながるので、
ソイプロテインを運動後には摂るようにしています。

この記事を書くにあたり、
糖質脂質過多の状況をお見せしようと思ったら、
無料で使える機能としては、
過去は1ヶ月前くらいまでしか遡れず・・・

わりと理想的だった日はこちら。

ちょうど膵臓の検査結果で通院していた日です。

塩分過多なのは、お昼にご褒美ひつまぶしを食べたから。

その分たっぷりたんぱく質が摂れているのですが。
だって、このひつまぶし1回で、
たんぱく質37gが摂取できているんです。すごい!

  

使ったアプリは「カロミル」

なにより、記録が簡単なのに、
かなり正確に栄養素の計算をしてくれる点が気に入っています。

食品もかなりの数が登録されていて、
コンビニやファミレスのメニュー名も。

あと、その日の運動量に応じた必要カロリーが表示されます。

私は利用していないですが、
撮った食事写真をAIが自動解析して、
記録してくれる機能もあります。

 

カロミルが気づかせてくれたこと

1ヶ月ほぼ毎日アプリをつけてみて、
自分の栄養バランスの偏りを把握できたので、
今後毎日つけていくつもりはないのですが、
また、ふと客観視したくなった時や、
食生活が乱れているなと感じた時に利用したいと思っています。

 

しかし、たんぱく質不足を補うのって本当に大変。

糖質脂質制限する方がラクです。

 

私はお米を食べないと便秘傾向になるので、
お米を糖質摂取の柱に据え、
極力、パンやパスタ、麺などは控え気味にしています。

あと、外食をするとカロリーも塩分もすごく高くなることが分かります。

味濃いもんね・・・ 

  

あとがき

日曜日の朝も今朝も、いつもどおりの鉛の体でした。土曜日のあの若かりし頃の軽いすっきりとした目覚め、貴重な体験でした。果たして何がよかったんだろうか…前の晩のヤクルト1000を飲むタイミング?晩御飯を遅くに食べたこと?それともやはりガーデンシアターでもらった宙組パワー??

  

「読んだよー」のしるしに、下のバナーもクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

月別アーカイブ

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。