AIH・入院生活

黄疸レベルとビリルビン値の目安【AIH】

黄疸レベルとビリルビン値の目安(ひまわりんの場合)

ブログをWordPressに移行してから、アクセス解析も詳細にできるようになったのですが、ちょうど昨日アクセスが多かった記事トップ10に入っていたこの記事↓
”見逃していたサイン 其の三”
(PC版でしたら、右カラムの少し下に、毎日のアクセストップ10記事が出ています)
検索でも、「自己免疫性肝炎 黄疸」などで入ってきている方もいらっしゃることがわかりました。

2012年に書いた記事なのですが、倒れて救急に運ばれる前にも肌色が黄色くなってきていて異変に気がついていたものの、まさか「黄疸」とは思わずほったらかしにしていた、という話です。

そこで、黄疸レベル(出かた)とビリルビン値の目安(ひまわりんの場合)について書いておこうと思います。記憶が確かなうちに 笑

 

そもそもビリルビン値で何がわかる??

ビリルビンには、肝臓で処理が行われたあとのものを示す「直接ビリルビン」と、肝臓に運ばれる前のものを示す「間接ビリルビン」の2種類があります。「総ビリルビン」とはこの2種類のビリルビンを総合したものを示します。簡単にいうと、「総ビリルビン」は血液を循環する黄色い色素のこと。尿や便の黄褐色は、このビリルビンに由来しています。

血液中のビリルビン量は、体調によるブレ幅も大きいようですが、通常は血液中にごく微量しか存在せず、病気になると異常に多く存在してしまうようです。ひまわりんが緊急入院する前の便は、怖いくらい白くなっていたのに対し、尿はお醤油のように濃い色になっていたのは「なるほど!こういうことか」、と合点が合いました。

 

ビリルビンの基準値は?

ビリルビン(mg/dl)の基準値は、病院によっても多少異なるようですが、私が入院した都内のERでは、総ビリルビンの基準範囲は0.2~1.1、直接ビリルビンは0.0~0.2、間接ビリルビンは0.0~0.8となっていました。さらに、直接ビリルビン値が3.0以上、間接ビリルビン値が1.0以上の場合は「危険領域」の目安といわれていました。

 

直接ビリルビン(D−Bil)、間接ビリルビン(I-Bil)どちらが上昇?

ちなみに、ひまわりんは、間接ビリルビン値は最悪時でも1.0位までしか上がりませんでしたが、直接ビリルビンは優に3.0を超えていました。自己免疫性肝炎はもちろん、多くの肝炎では、D−Bilが高値になるケースが多いかと思います。

■直接ビリルビンが上昇する場合
・皮膚の掻痒感の出現
・AST、ALT上昇(肝細胞性黄疸:急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝がん、自己免疫性肝炎、薬剤性肝障害)
・ALP、γ-GTP上昇(肝内胆汁うっ滞性黄疸:原発性胆汁性肝硬変、薬剤性肝障害、原発性硬化性胆管炎)
・肝機能正常(体質性黄疸(直接型ビリルビン排出障害):デュビン・ジョンソン症候群、ローター症候群)

■間接ビリルビンが上昇する場合
・皮膚の掻痒感なし
・溶血なし(体質性黄疸(間接型):ジルベール症候群、グリグラーナジャー症候群)
・溶血あり(溶血性黄疸)
出典:https://kango-oshigoto.jp/hatenurse/article/634/ ハテナース「直接ビリルビンと間接ビリルビンによる黄疸の症状の違い」

 

ビリルビン値と見た目の黄疸レベル

個人差があることをはじめに述べておきます。

また、女性の場合、顔色はファンデーションで結構判らなくなります。それくらい、最新のファンデーションは黄ぐすみをカバーしてくれます。ひまわりんは救急に運ばれた前日に、多くの人と会っていたのですが、肌が黄色かったことは判らなかったそうです。

変化の順番としては、まず全身の肌に黄疸が出て、最期に目が黄緑になります。治まるときも、目からまず白目に戻り(総ビリルビン値が3を切るくらい)
次に肌も完全に元の色に戻りました(総ビリルビン値2くらい)。 ひまわりんの場合、総ビリルビン値が3を超えているときは、完全に全身妖怪人間でした。黄色いというよりも、黄緑なんですね。これは肌の色が白いから余計に黄緑に見えると言われましたが、黄色いなんて生易しいものではなかったです。以上、まとめてみます。

総ビリルビン 2.0以上
肌が少し黄変(わかりやすいのは、足裏、手のひら、腕の内側)、尿の色が濃く変化
総ビリルビン 2.5以上
肌が黄変(顔、胸、お腹、お尻、足裏、手のひらすべて)、尿の色が一層濃く変化
総ビリルビン 3.0以上
肌が黄緑色になると同時に白目が黄緑色になる、尿に加えて、便が白化

ちなみに、「みかんを食べすぎて黄色くなった」という経験がある人も多いと思いますが、これは黄疸ではなく「柑皮症」という別の症状になります。

 

昨日の食事記録
あさ

ひる
サンドイッチとシュークリーム、コーヒー

よる

ここまでお読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事アーカイブ

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。