お気に入り

美しきタージパレス ニューデリー in 2018

インドでは
日本円で1,000円から4,000円くらいの
ところしか泊まらないですが、
一度だけ高級ホテルと呼ばれるホテルに宿泊しました。

それが、ニューデリーのタージパレスホテルです。

平成天皇両陛下もご宿泊されたり、
最近では岸田総理もインド訪問時に宿泊されたそうです。

 

 

ゆったりとした空気感

ゆったりとした空気感って、
すごく大事なことです。

正直、デリーは苦手。
とにかく混んでいるし、喧騒がすごいし、
空気も悪い。

何度も行くようになってからは、
デリーをいかにストレスなく
抜け去るか、通り過ぎるかは重要 笑

ここはデリーなのか??
と感じさせるゆったりとした空気感はさすがだし、
とっても貴重です。

 

手入れが行き届いた建物

古さは否めないのですが、
大変手入れが行き届いています。

なんていうのかな。

イギリスの古き良きホテルっぽいというか。

100年弱、イギリス領だったこともあるし、
古くから影響は大きく受けているだろうから、
このホテル以外でも、
イギリスっぽさを感じることはよくあります。

 

踊れるくらい広くて心地よい客室

部屋の形が個性的でした。
インテリアは他のお部屋よりもシンプルで私好みでした。

避難ルートのマップを見た限り、
部屋は建物の構造上、ちょうど一番ふくらみのある広い部屋でした。

当時、HPで見てもこのお部屋は出てこなくて、
各フロアに1室だけあるお部屋のよう。

お部屋のグレードは特別高い訳ではないと思うのですが、
とても広く居心地の良いお部屋でした。

ダンスが踊れるくらい。

 

 

落ち着いたアットホームなプール

私が宿泊した時がたまたまだったかもしれないですが、
ビジネス利用の方も多い印象で、
お一人で過ごしている方が多かったです。

ちょうど国際カンファレンスが開催されていたので、
ここで話したドイツ人の宿泊客女性に
「あなたも出席するのか?」
と聞かれたほど。

なので、家族連れみたいな宿泊客は見かけなかったです。

子ども自体を見かけませんでした。

子どもの声も楽しくてよいですが、
移動で疲れていたので、
この日のプールサイドは静かに過ごせてよかったです。

 

危うく一文なしになるところを・・・

私、本当におバカで、
ここでのんびりしすぎちゃって、
財布をビーチチェアに置きっぱで
部屋に戻ろうと離れてしまいました。

おそらくインド10日目とかで少し疲れていて
気が緩んじゃったんだと思います。

すぐに気がついたスタッフが、
「マダーム、マダーム」
と財布を持って追いかけてきてくれました。

このホテルじゃなかったら、
なくなってたんだろうな・・・と思う一件。

 

日本的なおもてなし感のあるスパ

ヘッドスパと足のマッサージをお願いしたのですが、
頭と足同時施術してもらったので
すごく効率的でした。

セラピストさんも沢山いるようです。

本当は2時間半くらいのメニューを希望していたのですが、
当日予約だったので埋まっていました。

スパは人気のようです。

HPからも事前予約ができるので、
もし次回行くときは、事前に予約したいと思います。

ちょいちょい、細々としたものがかわいい。

 

レストラン

スパの予約もあったので、
少し早めの夕食にしたかったのですが、
その時間に開いているところがここかラウンジでした。

一応、インドっぽいところ行ってみるか、と。

お通し、的な?

ミネラルウォーターは、
一定レベル以上のレストランでは
このピンクキャップのHimalayanが出てくることが多いです。

これはなんだったっけ?

いろいろ食べたいけど、
どれも量が多そうだと相談すると、
ミニポーションでいろいろアレンジして持ってきてくれました。

マサラチャイのソルティバージョン。

このとき初チャレンジだったのですが、
私の口には合いませんでした。

このレストラン、
2022年現在はないみたいです。

 

印象的なエレベーター

古いエレベーターなのですが、
中がレトロでかわいくて。

かなり好きでした。

乗るたびに心が晴れやかになる感じ。

ちなみに、インドはどこもフロアの記載が
イギリス方式です。 

  

その他

朝のフリーのヨガプログラムや、
有料のプライベートヨガクラスもありました。

フリーの朝ヨガは受けてみましたけど、
開始時間にインストラクターはこないし、
30分ほど待たされた挙句、
クオリティは・・・でした。

たまたまかもしれないですけれどね。

 

チェックインチェックアウトは、
ウェルカムドリンクをいただきながら、
着席してゆったりとすることができました。

 

そういえば、
リキシャやタクシーのランクでは
このホテルの敷地内には入れないようでした。

チップのことや両替のことなどは、
当時の宿泊記に書いてあります。

宿泊した当時に書いたブログはこちらです。

  

もしデリーに行くことがあったら

空気と喧騒が苦手なデリーに泊まる機会は
もうないような気がしますが、
デリーで泊まらないとならない場合は、
ここにすると思います。

そして、スタッフにも薦められた
アフタヌーンティーがしてみたいです。

 

流石にそろそろ海外にも行きたいですよね。

早く帰国時の陰性証明などが不要になるといいな・・・

 

生きているうちに再び泊まりたい国内外のホテル

懐かしの喜瀬別邸 in 2011

コンラッド大阪 in 2018

あとがき

いつも土曜日は朝ヨガがあるので5時台に起きるのですが、今日は珍しく目覚まし鳴る前に5時半にピタッと起きました。しかも大抵体が鉛のように重く、体を起こすのが辛いのですが、今日はその体の鉛感が全然なくて軽くて不思議でした。朝の鉛感がないのって、もう10年以上ぶりな気がするんだけど、なんなんだろう?昨日のガーデンシアターで、想像以上の英気が養われたのかしら??明日の目ざめにも期待!

  

「読んだよー」のしるしに、下のバナーもクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

月別アーカイブ

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。