ブログ

不定愁訴かな?疲労感倦怠感が取れず。

こんばんは。

今、実家に帰ってきています。

東京には山がないので、
海山が近くにある環境で育った自分にとって、
山と海が共存した地元の景色、空気感はとても落ち着き、癒されます。

  

季節の変わり目とリラックス

その一方で、
日ごろ気を張っている分、
このリラックスできる環境と
両親の元で気が緩むのか、
近年帰省すると疲れがどっと出て体調不良になります。

それだけでなく、
5月は季節の変わり目でもあり、
中年の体には堪えるのかなと感じらようになりました。

個人的には、
秋から冬のように寒くなるときよりも、
これから暑くなっていくときの方が
体調崩しやすいような気がしています。

 

ちなみに、結膜下出血はだいぶ良くなってきました。

発熱もUC下血もありません。

MRI検査翌日の激しい頭痛も治りました。

 

でも、疲れが取れず倦怠感が強めです。
急性肝炎時ほどではないけれど、
倦怠感の系統が少し似ているのと、
白目が黄色いような気がします。

先日の白い便、結膜下出血、なかなか取れない倦怠感。

ちょっと嫌な感じです。

  
 

ちょっとした不調が長引きやすい

最近、同世代の友人とも話すのが、

「ちょっとした不調がなかなか治らない」

ということ。

イライラとか、不眠とか、やる気が出ないとか
そうした精神的なものはあまりないけれど、
これぞ「不定愁訴」というんでしょうか。

 

昔は、ちょっと寝たらすぐ回復してたのにね。
日頃からいかに体調不良にならないようにするかが大切なことを悪くなってから思い知る。

今回も自分を過信し少し無理したかなと思います。

 

無理が効く年齢ではないのだから、
自分の体も心も機嫌よくいられるような
セルフコントロールが大事なのよね。

 

  

あとがき

とりあえず、昨日は体が重くて重くて、起き上がっていられず21時に就寝。10時間もノンストップで寝たら少しマシになりましたが、両親よりも確実に私の方が老体じゃないか。心配かけてごめんなさい、父上、母上。次回の帰省は、元気いっぱいで帰ってくるからね。

先週のMRI検査時に血液検査もしているので、何か問題あればそこに出てくると思います。

  

「読んだよー」のしるしに、下のバナーもクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

月別アーカイブ

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。