インド

17泊19日分の薬リスト 2018-19 インド旅行編

インド旅行用 17泊19日分の薬リスト

17/18 NY旅の薬リスト
18秋 インド旅の薬リスト
が役に立ったので、今回も記録しておきます。

 

常用薬
・ミヤBM錠(整腸剤) 4錠×3回→228錠(19日分)
・シナール(複合ビタミン剤)1錠×3回→57錠(19日分)
前回同様、インドということで倍量にしてます。

 

UCが悪くなったら服用
・イリボー2.5μg(過敏性腸症候群による腹痛・下痢を改善) 1錠×2-3回→30錠 (10日分)
・シプロキサン錠200mg(抗菌剤) 1錠×2回(朝夜)→14錠(7日分)
シプロキサンは何かに他の病気にかかった時も応用できるので。
・リンデロン坐剤0.5mg(ステロイド) 7個 or レクタブル1缶(7日分)
・キシロカインゼリー(局所麻酔) 1本
調子もそんなに悪くないので、前回よりも日数に対して少なめに。レクタブルいらないかもなー。

 

逆流性食道炎が悪くなったら服用
・プリンペラン(吐き気、食欲不振を改善する) 2錠×3回→60錠(10日分)
・テプレノンカプセル(粘膜を保護して胃潰瘍や胃炎症状を改善) 2錠×3回→60錠(10日分)
・ガスターD錠 1錠×2回→38錠(19日分)
今回はこちらのほうが調子が悪い感じなので、念のため10日分。ガスターは飲みやすいので日数分

 

必要に応じて
・ロキソニン錠(痛み止め)15錠
・ムコスタ錠(ロキソニンとセットで胃を保護) 15錠
・マグミット錠330mg(便秘改善)1錠×2回→6錠(3日分)
・葛根湯(風邪のひき始めに) 6包
・トランサミン錠250(喉風邪、蕁麻疹のとき) 2錠×3回→30錠(5日分)
・トラベルミン 4錠
・キズパワーパッド・普通の絆創膏 各3

一番怖いのは、UCや逆流性食道炎の悪化以上に、近年多発中の扁桃炎を発症してしまうこと。
これにかかるとどうしようもない・・・
一応、入れておこう。

扁桃炎用
・リン酸コデイン散1%「メタル」 朝夕各1錠 8包(4日分)
・イブプロフェン錠200mg 1回1錠

今回は、冬だから虫よけスプレーが要らないなー。
寒暖差が激しくて、昼は20度前後、朝晩は5度位まで下がるという、1日で春と真冬がある感じ。
でも乾季で毎日晴れていて気持ちがいい季節だそうな。

楽しみだなー!

インドは体が本当に芯から整うことを私が力説するので、母は「インド病院」と呼んでいます。

下のバナーのいずれかをクリックしていたただけるとランキングに反映されます!
応援してくださる方はよろしくお願いします^^
食事記録と歩数記録はこのバナーの下です。
にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村




昨日の食事記録

あさ
パンとコーヒー

ひる

よる
カステラとお茶


スマホを置き忘れて、移動したので、もっと歩いていると思う。7,000歩くらい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。