イタリア

フィレンツェと言えば

日本人にとってフィレンツェと言えば、
ここ。

photo:01


ドゥオモです。
サンタマリアデルフィオーレ大聖堂!
完成までに600年かかったって、スケールが違う。

そして、ここは辻仁成と江國香織の共著である
「冷静と情熱のあいだ」の中で
重要な舞台となっている場所。

あくせく登りました。

photo:02


案の定、上はカップルばかりでした^ ^

その小説の中に登場する順生が座っていたはずのイスは、
映画の時よりも近代的なものに変わっていたけれど、
やはりあおいがここに大切な人と来たかった想いには共感できました。

よろしければこちらもクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村




【本日の記録】
UC2

関連記事

  1. 海外に来ること 「日本語を使わない=日本語で考えることがない」
  2. ふらり上海
  3. 日常を離れて in 上海 M50
  4. 松陰先生ゆかりの地
  5. 寝台特急 北斗星の旅 vol.2
  6. 海の前に住みたくなる 清々しすぎる朝SUP
  7. to Brussels
  8. ロイヤルバレエとUCL

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事アーカイブ

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。