ブログ

人生折り返し地点を過ぎて

こんばんは。

みなさん、最近どうですか?
腸の調子、肝臓の調子、膵臓の調子、
免疫の様子、いかがでしょうか?

ひまわりんは安定しています。
来月早々に膵臓の検査が控えています。
ぼちぼち大腸内視鏡検査も受けなくてはなりません。

 

さて、ブログで書きたいことは山とあるのに、
筆が進まないというか、指が進まない・・・・
最近PCに向かうのが苦手になってきました。

スマホやPCから極力離れる生活になってきています。

 

自分の寿命は分からない

ところで、
自分が何歳まで生きられるかは
誰にもわからない、ですよね。

それが分かったら、
残りの人生もっと違うものになりそうだけど、
いくら文明・科学が発展しても
そんな未来は来ないかな?

 

分からないなりに自分は、
自分の寿命を最長80歳とみている。

(膵臓の病気とかは悪くならない前提)

30前半で自己免疫性肝炎で闘病していたときは、
40歳まで生きれば恩の字と思っていたけれど、
ずいぶんと伸びたもんだw

ちなみに、巷では年金受給の繰下げ可能年齢が
75歳までになったという話題が上がっていたけれど、
私は65歳からいただきたいです。

そもそも、その頃には開始年齢が
70歳とかになっていそうだけどさ。

話が少しそれましたが、
私の人生はすでに折り返しました。

  

余生をどう生きる?

もう折り返したと思うと、
このままでいいの?と己に問う自分がいます。

私はチャレンジャーというか
冒険好きと思われがちなのですが、
人生設計はわりと保守的だと思います。

今の会社にももう15年近く勤めているしね。

 

ただ、このサラリーマンという
安定の基盤があるからこそ、
ちょっとしたチャレンジもできてきた。

病気で長期離脱したときも、
クビになることもありませんでしたし。

そこは本当に感謝しています。

 

でも、会社のことが好きになれたことは一度もないんですね。
同僚には口が裂けても言えないけど。
それなのによくここまで働いてきたなと思います。

 

そろそろ本当に自分のしたいことを
してもいいんじゃないか?
という気持ち、ますます高まっています。

続く・・・

 

 

あとがき

こんなことをアグレッシブに考えられるのも、
UCがおさまっているときだからとも言えるのですが、

最近ハマっている宝塚歌劇団の
人気演出家の退団や
人気ジェンヌさんの退団ニュースに触れたり、

また、先日コメントくださったきなこさんも
新卒からずっと勤め上げた会社を悩んだ末に
退職されて晴れ晴れとしていましたし!

背中を押されている要因がたくさんあります。

   

「読んだよー」のしるしに、下のバナーもクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

コメント

    • きなこ
    • 2022年 4月 21日

    ひまわりんさん、お久しぶりです。
    今日、3ヶ月ごとの大腸内視鏡検査でした。結果は寛解期に入ったと認定され、炎症は落ち着いていて粘膜も綺麗になっていました(喜)。大きな声で言えませんが私は退職後は実は薬も飲んでいません(苦笑)
    私もひまわりんさんと同じ5-ASA不耐なので、ステロイドに頼っていましたが、ステロイドが身体に蓄積されていく事に抵抗がありまして…。自力で寛解に持っていけた現実をみると、やはりストレスが最大の原因だったのだと思わずにはいられません。もちろん、今後どうなるか分かりませんが。
    あと気管支喘息(これも自己免疫疾患と言われています)も全く症状が無くなりました。

    私は恐らく、ひまわりんさんの2つくらい上だと思います。
    私は(も)人生設計は保守的で、超氷河期に運良く大企業に新卒入社出来てしばらくは、私の人生安泰だと本気で思っていました。でも段々と仕事を通して自己が確立されて来るにつれ、会社の考え方との乖離に苦しむようになりました。40代に入ってからが特に辛かったです。会社側も辞めそうにない人材として考えていたと思います。そして私も会社を辞めるのは死ぬ事と同じくらい怖い事と考えていました。

    40歳になった時に、ふと「自分の人生は自分が思う程長くないかもしれない」と思うようになりました。(別に重病とかでは無いです)人生は有限であるという事を意識した年でした。親を始め、周囲の変化を感じるようになったからだと思います。健康寿命を考えたら、もっと短いかもしれない。当時は死ぬ時に絶対に後悔する生き方をしている自覚があったので、変えないといけない…という強い焦燥感がありました。そこで退社まで3年を目標として、ノートに会社を辞める事で得られる事・失う事を書き出し、場面場面で自分自身に問いかけるようにしました。それでも最後はバンジージャンプ並みの勇気はいりましたが(笑)

    辞めた今は本当に熟睡出来ますし、介護用オムツを履くという事もなくなりました。以前のように、楽しかった思い出を振り返ってばかりという事も不思議となくなりました。

    経済的な問題を立て直す為に日々、着々と行動しています。まだまだ会社員時代の水準には遠く及びませんが、日々前進している実感があります。正に意志あるところに道は拓けるという気がしています。

    社会人生活で得たものも経済的な理由以外にも沢山あり、本当に感謝しています。苦しむ時間も私にとって必要な時間でした。ただ、もう私の波動(上手く言えませんが)と会社の波動が合わなくなったという事で、第二ステージに移行しました。身体も精神も壊れてしまったら治るのに時間がかかるか、最悪治らない場合もあります。会社を辞める辞めないは、私は誰にも相談せずに決断しました。でないと、辛かった時に人のせいにしてしまいそうだったので(笑)

    ひまわりんさんも、どうか悔いのないよう自分自身に問いかけ続けて下さい。そして、どうかお身体を大切になさって下さい。またしても長く長くなってしまいました(汗)
    でも、どうしても、ひまわりんさんにお伝えしたかったので。

      • ひまわりん
      • 2022年 4月 22日

      きなこさん、検査お疲れさまでした。
      3ヶ月ごととはかなりの頻度ですね。
      私は1年半に一回とかなので、私はそこまで苦痛ではありませんが、
      その頻度だと結構負担ありそうです。本当にお疲れさまです。
      でも、綺麗になっていたとのことよかったですね!!何よりです!

      今のきなこさんが、
      ご自身の決断に後悔なく、
      キラキラと前に進まれている様子がすごく伝わってきます。

      3年もご準備されたということや、そこに至った経緯をお伺いしていると、
      きなこさんの素晴らしいお人柄が想像できます。
      きっと会社でもみなさんの信頼が高かった方なんだろうなと思います。

      意志あるところに道は開けるとはその通りだと思います。
      実践者の先輩がいて、こうして貴重なリアリティあるご意見いただけて、
      自分はとても恵まれていると思います。
      きなこさんありがとうございます。

      きなこさんもどうかお体ご自愛くださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

月別アーカイブ

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。