ブログ

エンディングノートやら、余命宣告されたら、を考えたのは必然だったのか

エンディングノートやら、余命があと半年だとしたら、を考えたのは必然だったのかなと思います。

 

でも、このエンディングノート。

いざとなると筆が進まない。

正確にいうと、書く気になれない。

  

余命宣告それたらどうする?
って自分ゴトとして真剣に捉えていないときのほうが冷静に考えられていたと思う。ま、当たり前か。

なので、エンディングノートは健康に不安がないときに残しておくべきかと思います。

 


   

<あとがき> 今夜は学生時代を同じバレエ教室で過ごした友とゴハン。病気の話もLINEで伝えていたけど、改めて説明。病気や今後の手術のことを、話してよかったと心から思える人。とことんポジティブガールで普段からパワーをもらっているのだけれど、今夜はいつもに増して凄まじいパワーをもらった気がします。人間力が本当に高い!感謝しかありません!おかげで食欲がない日々だけど、久々にたくさん食べられました。最近不安が大きいのかよく眠れないのです。寝つきはいいけどすぐ起きちゃう・・・今日はぐっすり眠れるかな?

ひまわりんブログに初めてお越しいただいた方は、
こちらの「初めまして、ひまわりんです」もぜひご覧いただけますと幸いです。
「読んだよ」「応援してるよ」のしるしに、下のバナーもクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。