ブログ

椎骨動脈解離

先日、後頭部に走る鋭い痛みについて書きましたら、
椎骨動脈解離(ついこつどうみゃくかいり)というのもあるから、
と医師の友人に指摘されました。
MRI検査と脳外科受診を勧められました。

10日ほど前にあの記事を書いて以来
激痛は襲ってきていないのですが、
次にまたあの鋭い痛みが断続的に発生したら
さすがに脳外科を受診しようと思います。

私は極度の低血圧だし、脳の血管系の疾病には無関係だと思い込んでいましたが、
血圧の高い低いとはそれこそあまり関係がないようです。

さ、三連休~[みんな:01][みんな:02][みんな:03]

こちらもクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村

【本日の記録】
UC3

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    椎骨動脈乖離・・・恐ろしげな病名ですね。
    気をつけようもないのでしょうけど、お大事に。
    三連休二日目、今日もいい天気ですね!
    楽しんでますか?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >かんべえさん
    確かに恐ろしげな名前ですね。
    ま、こういう可能性もなくはないということで。
    東京もとてもいい天気です!
    ひさしぶりに日光浴しています。
    かんべえさんもよい休日を♪

  3. SECRET: 0
    PASS:
    突然失礼します。
    自己免疫性肝炎で検索してこちらに伺いました。
    昨年11月末に高熱で緊急入院。
    血液検査の結果、自己免疫性の肝疾患の
    可能性があるから肝生検しましょうと言われました。
    ただし緊急性はあまり高くないとのこと
    だったので家族の事情等があって一旦退院後
    肝生検は改めて行うことにしていただき
    来週末にその為の入院が予定されています。
    希少な疾患であること、生涯に渡り投薬が必要
    なこと位しか医師からは説明を受けていないので
    不安になり情報収集しています。
    なんかもう何をどうしたら良いのか
    どうやって生活を立てて行けば良いのか
    想像すら出来ずに半分パニックです(笑)
    病気なら落ち着いて前向きに向き合って行きたい
    とは思っていても不安が先走ってしまって…(*_*)
    ステロイド治療はしんどいと聞いているので
    それも拍車をかけているのかな。
    何だか書きなぐってしまいましたが
    また伺わせて頂きますね。
    よろしくお願いします。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >aliceさん
    はじめまして。
    自己免疫性肝炎歴1年半のひまわりんです。
    aliceさんはまだAIHだと決まったわけでもありませんし、一旦退院できたんですよね?もっと気楽に構えていてもいいかもしれませんよ?
    おっしゃるように、ステロイドの治療はその副作用にかなり苦しめられます。私も今だに服薬中ですし、副作用は残っています。
    ですが、一旦退院できるほどだったのなら、例えAIH確定だとしても、ステロイド以外の治療も提案されるはずです。
    パニックになる気持ち、よくわかります。不安で仕方ないとおもいます。
    でも、落ち着いて入院出来るだけよかったな、位に考えて気持ちを穏やかに過ごしてみてください。
    これ、すごく大事だと私は思っています。
    もし、残念ながら本当に自己免疫性肝炎だという確定診断がついたとしたら、
    そのときは私のブログの初期に目を通してみてください。
    きっと不安を軽くする材料や、同じ悩みを共有できるような材料がたくさんあるかと!
    とにかく、同じ疾患でないことをお祈りしています。
    あまり考えすぎないように(といっても難しいとは思いますが)
    疲れをためないように過ごしてください。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    温かい励ましありがとうございます。
    言葉が足りなかったですね。ごめんなさい!
    11月の入院はウィルス性胃腸炎だったのです。
    一昨年の秋から肝機能数値が正常値をちょっと
    越え始め、定期的に検査を続けて来ましたが
    大きな変動もなく正常値に入ることもある状態
    でした。それが今回はかなり上がってしまいました。
    でも、その数値がウィルス性胃腸炎によるものか
    ハッキリと判断しきれなかったので肝生検を
    勧められ、一旦退院後に再度スケジュールを
    組んだのです。先生の話しぶりからすると
    自己免疫性肝炎の可能性が非常に高そうです。
    肝生検も、早く状況を把握して治療を始める為
    って感じでした。
    私はアルコール過敏で飲めない、
    ウィルス性肝炎ではなかった、
    抗核抗体、IgG数値も上がっていた、
    一昨年の秋から肝機能の数値が上がっている
    膠原病の疑いはあるが認定するだけの数値が
    揃わない等からの判断みたいです。
    しかも、薬剤性の可能性を私自身が捨てきれなく
    心療内科で処方されていたアモキサンも
    担当医と相談した上で服用を中止しました。
    ビタミン剤も含め口径薬は全て中止しました。
    にも関わらず、退院時には肝機能数値が正常値を
    ほんの少し越える程度まで回復していたのが
    5週間後の検査では4-5倍まで上昇していました。
    何らかの悲鳴を私の肝臓はあげているのです。
    自己免疫性肝炎でなかったとしても
    きっと何らかの治療は必要なのです。
    今は何かをしていないと不安で…(*_*)
    春からやろうと思っていたことが出来ないのかな
    なんて悲しくなったりもしています。
    でも今回の検査で先に進むことが出来るのだから
    前向きにとらえてプラスに考えるように心がけて
    いきますね。ありがとうございます!

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >aliceさん
    不安ですよね。お察しします。
    少しでも気が休まればと思い、書かせていただきますと、
    私なんか3回ほどAST、ALTが2000を超えて劇症肝炎様を呈しました。
    意識混濁、死にそうになったけど、図太く今でも生き延びています。
    顔も眼球も黄緑色になり、人間ってこんな色になっちゃうんだってくらいになって変わり果ててしまったけど、なんとか乗り越えられました。
    再燃も2回しています。
    なので、少し落ち着いて、少し気楽に構えてみてください。
    AIHは肝生検をしなくては確定診断となりませんが、確定させる必要がないのならば(急を要する治療が必要ないならば)、リスクもそれなりにある検査ですし無理して受けなくてもいいのでは?と個人的には思います。
    私は選択の余地はありませんでしたが。
    病気が確定しても、治療が必ず効くとは限りません。私はステロイドがききませんでした。なのに、大量に投与してしまったがために今だになくすことができないのです。
    何をお返事して差し上げたらaliceさんの気持ちを和らげてあげられるのか
    正直わからず、悩んでいたらお返事遅くなってしまいました。
    ごめんなさい。
    でも、少なくとも、去年の私から言わせてもらえば、とても羨ましいです!希望を持って、今できることを最大限に楽しみましょう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

月別アーカイブ

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。