ブログ

冬の秋田乳頭温泉郷へ 妙乃湯宿泊記③ 「混浴にもトライ!」

早朝の青空の下、混浴露天風呂にチャレンジ

朝7時ごろ、朝が弱い友人を部屋に残して混浴露天に向かいました。友人も前日よりは具合が良さそうで一安心。

妙乃湯さんの混浴露天風呂は、タオルを巻いて入ることが許されています。

幸い、誰も入って来ることはありませんでしたが、タオルを巻いて入るっていうのはあまり好きではありません。なんか気持ち悪い・・・w

   

二人で食べる幸せな朝食

やっぱり一緒にいただく朝食は最高です。

連泊だからか、さまざまな工夫がなされているのがわかりました。

前日よりも少し多めのお米w

  

2日目のデザートはキウイだったのですが、前日のフルーツトマトの方が良かったなぁ・・・珈琲は前日同様とっても香り豊かで美味しかったです。

     

この日は、まず大釜温泉へ

10時のチェックアウト少し慌しいですね。しかも、日帰り入浴の受付も10時からのようでエントランスは渋滞していました。

そんなこんなでチェックアウトを済ませ、荷物は預かっていただき、妙乃湯から100mほど上がったところにある大釜温泉へ。

ちなみにバス停が埋まっています。

ここ大釜温泉にこのタイミング行ったことで、とても良い情報をGETすることになります。

ちなみに、日帰り温泉は、9時からです。

ここの温泉に浸かっているときに、人生の大先輩3人組にお目にかかり、有益情報をGETしました。それは私たちがパスしようかと思っていた、蟹場温泉(がにばおんせん)がどうやら素敵そうだ、という情報です。

行ってみることにしました。

   

地味だけど気に入りました蟹場温泉
まずは奥から攻めます!

蟹場温泉。かにばではなく、「がにば」と読むそうです。がにばおんせん!

正直、テンションが上がらない建物なんだけれど、こういうところこそ穴場的な素敵スポットだったりするんですよね。

大釜温泉で出会った大先輩たちが「奥から入っていくといいわよ」と教えてくれた蟹場温泉。

結果、大正解でした。ほぼずっと貸切状態でしたし、五感全てを癒し堪能できるお湯でした。

人がいなかったので撮りました。窓を開けると非常に開放的空間に生まれ変わりました。

おそらくここにトータル1時間以上いたと思います。とても居心地の良いお湯でした。結構長湯しました。

ここが一番好きだったかも、というくらい友人とともに、気に入りました。

お湯は三つありますが、一番奥の内湯がおすすめです。

風呂上がりに、秋田だけど岩手県産ブルーベリーいろはすを飲み・・・

   

   

休暇村で秋田犬ソフトクリーム!

ソフトクリームを休暇村で食べることに同意してくれた友よ!ありがとう。

秋田犬ソフトクリームを頼みましたよ。なかなかの出来です。耳はクッキー。目や鼻はチョコレートでした。

  

ランチは妙乃湯で稲庭うどん

外の景色を眺めながら。美味しかったですが、お夕食で出てきたものとお出汁は同じです。量は少なめでちょうど良かったのですが、男性には物足りない量かも。

  

癒しの時間も終わり、タクシーで空港へ

乗合タクシーなので、途中で一名他のお客さんが乗車されました。

この「アルパこまくさ」というところも絶景露天風呂があるようです。

アルパこまくさHP http://www.heart-herb.co.jp/arupa/hotsprings/

  

秋田空港では、出発ロビーのある2Fでまた違うなまはげさんが迎えてくれました。

今回の旅で大変気に入った「天巧」の生原酒を買って帰りました。他にもお土産などいろいろ。最近、在宅勤務ということもあり、買い物をしていないので財布の紐が緩みました。秋田県にもお金を落としたいと思いましたし。

二本買って一本は自分用。

比内地鶏卵も買って帰りました。卵かけご飯で毎朝いただきました。コクのある美味しい卵でした。

それとね、これはバラ売りしていたので自分用とあとはお土産用に箱で買いました。「さなづら」。

榮太楼なのね

 

あとは、いつもお土産をくださる方へのいぶりがっこの詰め合わせ的なものも。これはもう差し上げてしまったので写真がなし。

熟女小旅行まとめ

乳頭山です。
ブナの木で隠れちゃうので、とあるスポットからしか、綺麗に見えません。

乳頭温泉は古き良き湯治場なんだなということ湯めぐりしていて実感しました。歳を重ねてから行くもよし、若者が行くのもよし。宿や、日帰り温泉で出会う人たちを見る限り、私たちはちょうど平均年齢くらいな感じ。意外に若い人も多かったです。子どもはほとんど見かけませんでした。まあ、このご時勢だからだからかな。

あと、私たちが宿泊した妙乃湯さんは、乳頭温泉郷の中では極めて綺麗なお宿だったなぁと思います。箱根とか伊豆とか、草津とかそういう温泉街の高級お宿とは趣が異なる素敵なお宿でした。

また周囲にはお土産やさんやお食事のできるところもありませんし、コンビニもありません。不便と言えば不便です。それがまたいいのよね。

湯めぐり帖は、有効期限が1年であと3箇所行けるので(冬季休業の温泉もあるので)、夏にぷらりと行ってこようかななんて思っています。夏ならレンタカー借りて、今回ゆっくりはできなかった田沢湖なんかも行ったりして。ふふふ。

   

   

<あとがき> 在宅勤務が2週間も延長になりました。自分は来週一度出社しますが、まさかこんなに長引くとは・・・スポーツインストラクター専業の友人なんかは、ジムがお休みなので仕事がありません。彼女たちは1本いくら、で仕事しています。もちろん給与保証もないので大変そうです。株価下落もリーマンショックなんかの比じゃないくらいなやばい状況になってきているし、世界的に経済は大丈夫なんだろうか・・・と思います。いや、大丈夫じゃないですね。ボランティアの役割も決まったけれど、本当に開催されるのかな・・・

ランキングに参加しています。バナーもクリックいただけると励みになります↓

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
2020年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。