UC・全般

「潰瘍性大腸炎の最新治療」講演会メモ vol.1

「潰瘍性大腸炎の最新治療」の講演会へ

今日は区で開催された「潰瘍性大腸炎の最新治療」についての講演会を聴講してきました。

お話ししてくださったのは、昭和大学江東豊洲病院 消化器センターの浦上尚之先生。

日本国内のUC患者数は、20万人弱。
AIH(自己免疫性肝炎)患者のざっと20倍くらいはいらっしゃいますね。
医療受給者証交付ベースなので、実際にはこの倍以上でしょう。
ひまわりんも確定診断から数年は、申請しませんでしたし。

医療受給者証の認定率

ちなみに、潰瘍性大腸炎の医療受給者証申請件数に対して、
どのくらいが認定されていると思いますか?
気になってはいたのですが、講演会の中で数字が出ました。
具体的な数字は避けますが、
2016年で92%でした。

2017年、2018年のデータはなかったので、
当然経過措置も終わった現在は下がっていると思いますが、
意外に通っているんだと思いました。

血液検査の結果だけで判断して欲しくない

1時間強の講演で、8割以上は既知の基本情報だったのですが、
癌化したUC患者さんの症例で、
この時は全摘した大腸の手術標本の画像までプロジェクターで見せてくださいました。

私はもっとゆっくりじっくり観たかったのですが、
目を背けている人もいたので、先生がすぐにスライドを切り替えてしまいました。
うーん、残念。
数秒でしたが、狭窄を起こしている所などが見えました。
ま、ググればこうした画像は出てくるんでしょうけれど、そこまではしたくない、という 笑

それと、先生は全く触れられなかったのですが、
私が注目したのは、その癌化した男性の癌が見つかった時の血液検査データです。
これもものの数秒だったのですが、
内視鏡的にも、明かに癌のまわりに炎症もあるにも関わらず、
CRPが0.14ということでした。

実際に、この前の内視鏡検査で私の炎症範囲も
下行結腸まで及んでいることがわかりましたが、
直近の採血データではCRPは0.20くらいでした。

ひまわりんの主治医は主に、
CRPとアルブミン、貧血の値の三つで判断されます。
それが結構つらいのです。
というのも、実際かなりしんどい生活なのに、
「そんなに悪いはずがない」
みたいなことを遠回しに言われてしまうのです。
この繰り返しが通院のストレスになりつつあるほどです。

ちょっと長くなりそうなので、
また明日にでも続きを書きたいと思います。

こちらもクリックしていたただけると励みになります↓
食事記録はこの下にあります。
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村




昨日の食事記録

あさ
パンとヨーグルトとコーヒー

ひる

よる
10年ぶりに会った同期とタイ料理
みんなのやんちゃな時代の話に花が咲き楽しかったなー。

関連記事

  1. be graceful
  2. 旅の発見
  3. 毎日がスペシャル
  4. 5年ぶりのにんにく注射
  5. 気管支炎
  6. 胃カメラ後はいつも不調
  7. ネットも要らない?テレビも要らない?
  8. 内視鏡検査、嫌いじゃない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

記事アーカイブ

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。