インド

インド列車移動について(リシケシ〜ニューデリー間)

リシケシ〜ニューデリー間のお得で快適な移動手段とは?

デリー行きのシャタブディ2時間ディレイ

あーあ。。。
乗る予定のデリー行き電車、2時間も遅れてる〜。

インドの電車が5時間、10時間の遅延は当たり前と言われている中、シャタブディ(インドの新幹線みたいなもの)だけはほとんど遅れないと聞いていたのに。。。 旅の移動運(乗り物運?)だけは本当に毎回ついてない。

まだ真っ暗な4時に宿をタクシーで出発して、まだ暗い4時半にはハリドワール駅に着き、それから4時間も待たなきゃだなんて。真冬じゃなくて本当によかった。10月初旬だけど朝晩は結構寒い。

そもそも、タクシーをお願いしたときに、
「6:30の電車なのに出るの早すぎ。タクシーの出発をせめて30分遅くしてよ。」
と言ったのだけれど、
「遅いと混み始めるし、万一電車に乗れなかったら困るからダメ」
って。そういうところ意外に慎重で驚く。

やっぱり目の前が駅というような場合でない限り、電車は面倒だなと思いました。

次からは往復タクシーかなぁ。片道7時間くらいまでなら。

超カオスなハリドワール駅の待合室


写真で見るとそうでもないけど、実際はかなりゴチャゴチャカオスでした。
ここにたどり着くまでも、地べたにゴロゴロ寝転がっていて、スーツケースが転がせない。

「インド旅でバックパックやないんかい?」と思われるかもしれないけれど、放浪の旅やバックパッカーでない限りむしろスーツケースのほうがいいと思います。実際にスーツケースの人多かったです。ちなみにインド人のスーツケースなんてすんごい巨大でびっくりする。大人一人楽勝で入れそうな・・・

で、待合室。一応、upper classしか入れないところみたいだけど、入り口でチケットチェックがあったのは早朝までだった。日が昇ってからは誰でも出入り自由みたい。
朝になるとグンと人が減った。

”May I have your attention please. Train no. 12056 is running late 1hour 45minutes it is expected arrive at 8:10.”

何度聞いたか、このアナウンス。。。一字一句覚えたわ。

トイレにも行きたかったのだけれど、スーツケースを持ってトイレに入るのも嫌だったし、鍵でくくりつけられるところもなかったのでひたすら我慢した。瞑想だ、瞑想。そう言い聞かせて。
そのうちようやく乗る予定の電車が到着〜

 

ようやく出発!でも、車内にガッカリ。

結局ちょうど2時間遅れで出発。

そして、綺麗だと聞いていたシャタブディ車内がこれで超ガックリ。というか唖然。この理由ついては、もう少し後で説明します。

テーブル出したはいいが、傾いていて使えないので戻そうと思ったら、めちゃくちゃ力がいるみたいで泣きそうになっていたら、隣席のインド人ジェントルマンが力づくで戻してくれた。ダンニャヴァド!

しかし、お世辞にもレトロとも言えぬ、なんというオンボロ。

これに、657ルピー(約1200円)は逆に高いと思ってしまった私。

座席番号なんか手書きやし・・・

のわりに充電はできるという不思議w
でもまだまだ電車は動き出したばかり。ニューデリーまでは、ここから5時間もかかるのだ。

シャタブディエクスプレスとジャンシャタブディがある

お水もチャイポットも付いていると聞いていたが、私が乗った電車は水もチャイも売りに来る人から買う方式。食事付きで全席指定だから、変な人は乗ってこないとのことでしたが、チケットない人とかゴロゴロ乗ってましたけど??前調べとは全く違ってびっくりした。

で、乗車してみてからわかったのは、私が乗ったこの電車は、新幹線のような「SHATABUTIEXPRESS シャタブティエクスプレス」ではなく、「JANSHATABUTI ジャンシャタブティ」という電車だったからみたい。

どうりで!どこをどう見ても、外国人はいない。インド人しか乗ってないもの。これから優雅に観光しよう、なんていう電車ではない。でも、これでも一応、いい方のグレード、AC付きの車両です。”JAN”って「古代の」とか、「レトロ」いう意味なのかもしれないw

あと、とにかく耐え難かったのが、乗車して2時間くらい経ってからかな?トイレの匂いが車両に充満してきて、それがデリー到着まで消えなかったこと。

「遅れない」というのも、「食事付き」というのも、「シャタブディエクスプレス」のほうみたい。運賃はほとんど変わらない。本当に失敗した〜

ニューデリーに無事到着

結局2時間15分遅れで、ニューデリー駅に到着。
タクシープールから見たニューデリー駅。

なお、私の乗り損ねたリシケシからニューデリーへの「シャタブディエクスプレス」は1日2本。

・ハリドワール18:12発、ニューデリー22:50着
・ハリドワール18:30発、ニューデリー23:15着

いずれもハリドワールを夕方発でデリーに夜着となります。
定時だとしても、ニューデリーに23時頃到着。遅い時間のデリー駅は避けたかったので、「これでよいのだ、そう、これでよかったのです。」と言い聞かせた。

どっちがお得で快適?タクシーか?列車か?飛行機か?バスか?

今回、試したデリー〜リシケシ間の二つ手段。

●タクシーで5〜6時間 約10,000円
(インドのエージェンシー経由でタクシー手配)

●タクシーで移動 1時間 約1,500円
+電車5時間 約2,000円(手数料込み)
+タクシーで移動 30分 約1,000円
これに待ち時間とチップが各々に乗っかります。
タクシーの半額くらいだけど、今回は4時間の待ち時間プラス。

結局、いろいろあって16時過ぎになってしまったから、12時間移動にかかってしまったことになります。
なんだよー、インドから日本まで軽く移動できちゃうじゃないって話(笑)
もちろん、道路事情によっては車だってこういうことはあり得ますけどね。

結論を言うと、金額的にお得なのは電車を使うパターン。
乗り換え時の移動なんかが苦痛な人はタクシーチャーターしちゃった方がいいし。
凸凹の舗装されていない像が出たり、虎が出たりもするいわばサファリロードを抜ける方が苦痛、という人もいるだろうし。そんな人はたとえ遅延しても、揺れの少ない電車の方がいいかも。

自分は、ある程度の時間と手間はお金で買いたいと考えるので、ホテルの前から空港の出発ターミナルまで荷物を運ぶことなく行けるタクシーはわりとよかった。しかも、日本円で考えたらそんなに大した額じゃない。快適に使える6時間を5,000円で買ったと考えるとむしろおトクって思えました。実際、これなら朝ヨガを受けてから、タクシーでデリーに向かった方がよかったと。

インドの列車移動を楽しむ、というのが目的であれば別ですが、少なくともリシケシ位なら、行きも帰りもタクシー移動が手堅い!と私は思いました。結局のところ、時間もお金もいろいろ浮きます。デリーでの余計な一泊とか。無駄な待ち時間とか。

でも、何事も試してしみないとわからないからね。一度は電車も乗ってはおきたかったし!いい経験になりました。

次は飛行機を試してみたいです。
が、インドの国内線は列車以上に遅延・欠航が多いとのこと。飛行機は時期によってかなり価格変動があるのですが、空港までの移動なんかを考えると、なんだかんだとこれまたタクシーと変わらないくらいになるのですよね。むしろ高くなる場合も。結局、深夜でも移動が可能なタクシーに軍配かな

最後に移動中のトイレ事情

行きのタクシー同様、朝4時に宿のトイレに行ってから、ニューデリーの宿に着くまでの12時間、一度もトイレに行きませんでした。

すごい!私!UC再燃中だったら死んでましたよ、ホントに。

行きは10:30にデリー空港で最後のトイレに行ってから、到着が19:00前だったから8時間半!今回はそれを超えました。(どんな記録だよっ!!)

もっとも、到着した日の宿のトイレは空気イスだったけどね。ご覧のとおり、便座がない悲惨なトイレでした。久々のトイレが空気イスって結構な苦行ですよ。ホットシャワー使えず、水浴びで体は冷え冷え、夜は寒いし、ベッドはホコリかぶっているし。。。思い出すだけでも涙が出そうになるインド初めての夜。。。

リシケシ〜デリーの移動については、私もかなり悩んだのでどなたかの参考になればと思います。
インド滞在日記がもありますので、よかったら!!→→ 2018インド女一人旅の記事一覧

「面白かったよー!」と思っていただけたらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

月別アーカイブ

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。