ブログ

私たちは「年齢」という進行の遅いがんを背負っているようなもの

ここ数ヶ月、
どう生きるかを考えるというより、
どう死にゆくのかを考ることが多かったです。

最悪のケースを想像する機会が幾度もあったからかな。

「がん」

という言葉には、すごい力があって、
私たちはそれを聞くと、

「がん=死」

を少なからず連想してしまいます。

 

でも、今回自分が膵臓がんである可能性が高いと
言われたときに調べてみると、
多くの「がん」では、よく言われる予後、
つまり5年生存率、10年生存率で
50%を下回るものは実はあまりありません。

ちなみに、ひまわりんが今回疑われた膵臓については
飛び抜けて予後の悪かったのですけれど。

2人に1人がかかると言われている
「がん」です。

 

ひまわりんには、
20代でがんを経験している近しい友人が
3人います。

1人はまだ手術後5年ほどですが、
2人は10年以上経過していて、
再発なく元気に過ごしています。

そして、2人とも子どもを持つ母です。

  

病気の中には「がん」を越える恐ろしい病気も
たくさんあります。

具体例は出しませんが、
本当に壮絶な病気もあるようです。

人は誰しもが、
生まれてきた以上、
必ず死にます。

100歳まで生きる人もいれば、
生まれてまもなく息絶えてしまう赤ちゃんもいる。

  

国立がんセンターにいらした森山先生という方が
加齢を病気である「がん」に捉えて、

私たちは「年齢」という
進行の遅いがんを背負っているようなもの

と仰っている文春オンラインの
インタビュー記事を偶然読みました。

「がん=すぐ死ぬ」という考えは今も根強くありますが、がんっていうのは、よほど進行していても、1カ月くらいの猶予はあるんです。進行がんでない場合は、「年齢」のようにもっと「猶予」が長くなります。人間は後ろが見えると怖くなるものですが、後ろを見て怖がるのではなく、できることをするための時間を与えられたと思えば、事故や事件で突然命を失うケースに比べて、不幸とは言い切れないのではないかと私は思っています。

1000人以上にがんを告知した医師も「セカンドオピニオンをすすめます」
森山紀之医師インタビュー #2:文春オンライン「がんと生きる」

胸にすごくスーッと入ってきて、
不必要に恐れたり、自分を不幸と思ったりするのは
ナンセンスだなと思いました。

  

今、病気を抱えている人もそうでない人も、
実はみんな「年齢」という病を持っているんだ。

そう思うと、
病気の人は心がちょっと軽くなる気がするし、
健康な人でもこの一瞬一瞬の時の重みを
より感じられる気がします。

  

  

【あとがき】 この3連休、久々にお酒を少しいただきました。1日はビールを2杯、もう1日はワインを2杯。昔はバカみたいに飲んでいたけれど、今はこのくらいでちょうどいい。味わって、美味しい、ありがたい、幸せ、と思える量ってこのくらいだと思う。

「読んだよー」のしるしに、下のバナーもクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。