AIH・退院後

2014.9 外来診察 AIH

本日AIHの診察受けに来ています。

毎年、夏が終わりに近づくと、
どうしても思い出すのが2011年の夏。
残暑が厳しかった夏。

 

そう思うと今年の晩夏は涼しいです。

 

昔の自分の記事を読み返すのは、
極力今までは避けていました。
でも、少し気持ちに整理もついたというか、
ほとぼりも治ったというか、
3年前の記事を2~3読んでみて、
正直絶句。

 

3年前のひまわりん記事はこちら

 

自分の記憶以上にハードでした。
え?これ私?
自分のことじゃないみたい。

 

移植の話が出たこと。

 

入院してもしばらくは車椅子だったこと。
その車椅子を見たお見舞いに来てくれた友人は、
それこそ絶句した、とその後聞いたこと。

 

医師もこういうケースはない、とか、
これが効かないのは普通あり得ない、とか、
とにかく自己免疫性肝炎の中でも
特異なケースみたいに扱われていたこと。

 

退院の目処どころか、
好転の気配が全く感じられず絶望感しかなかったこと。

 

でも、周りの人たちにとてもとても
あたたかく支えられていたこと。

 

あのみんなの愛情が、
あのときのひまわりんを救ってくれたと思います。

 

本当にありがとう。

 

まだまだ順番回ってこないよー。

こちらもクリックしていたただけると励みになります↓
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村




コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

記事アーカイブ

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。