AIH・全般

2018.9 外来受診記録【AIH 自己免疫性肝炎】インド旅直前篇

前回7月の受診記録→

たまたま旅行出発前日に受診予約が入っていましたが、ちょうどよかったです。

AIHの方の病院は激混みではないので、本当に穏やかに受診ができます。正直UCの方の病院はもうやめたいのです。でも、これはまた別途書きます。

●採血結果

最近、採血はUCの方の結果と共有していたのですが、最近、観察項目が異なってきていてAIHの方でも採血が再開しています。

気になる点として指摘されたのは、鉄Fe。21しかありませんでした。(基準値は40−190)
ヘモグロビンは10あるので、貧血がひどいわけではないのですが、これは要観察。
あとは特に問題なしでした。

●処方してもらったお薬

レクタブル
イリボー
アセトアミノフェン
ムコスタ

レクタブル以外は全て頓服です。

●今回の総括

そして、何より昨日AIHの先生にお会いできてよかった点。
先生がインドに3回も行ったことがあるということ。そして、食事の際は毎回あるものを一滴入れているというのです。

「インドに明日から行ってきます」
「いいねー、僕も3回行ってるよ、どこに行くんだ?デリー?アグラ?ジャイプール?」
「え?3回も??行くのは北のほうです」
「カシュミールか?ラダック?」

バンバン、インドの地名が出てきます^ ^

「ベナレスには行かないの?」
「???あ、行きません」
「そうか、でもベナレスは本当に美しい、インドは美しいよ、うん」

このベナレス。
私が一瞬分からなかったのは、今この呼び方をしないんですよ。
今は、バラナシとか、ワラーナシーって言います。
超簡単にいうと、ガンジス川の沐浴が有名なところです。え、その位知っとるわって?w

先生が色々語り出しそうになって、私もすごくお伺いしたかったのですが、患者さんまだまだ待ってると思うし早く切り上げなきゃ、と、

「先生、これだけは持って行っとけ、というものあったら教えてください。」
「そんなの、『ピュア』だよ、『ピュア』。食事のときは、これを出されたもの全てに一滴垂らすんだよ。」
「先生?その魔法の水は一体何物ですか??」
「次亜塩素酸水だよ」
「あーなるほど。」
「でもな、交通会館(東京有楽町のパスポートセンターがある場所です)の2階でしか売ってないんだよ。今から行けばまだ間に合うぞ」
「先生!ありがとう!今から買いに行きます!」
「水もホテルでもらえるペットボトル以外には全部入れるんだよ、一滴!!」
「あのう・・・先生が泊まるような素敵なホテルには止まらないんですけど・・・」
「だったら、なおさら!!」

てな感じでした。

「間違いなく下痢はするよ。インドは」
「はい。でも下痢は私もう慣れっこなので」

こちらが飲み水の衛生剤「ピュア」。

先生は500円くらいと言っていたけど、実際1200円くらいでした。
交通会館以外でも買えると思うけどね。
私は時間もないので。

 

 

では、行ってきます!

現地の通信環境にもよりますが、
リアルな心境で日記を残したいので、できるだけ更新する予定です。

 

下のバナーのいずれかをクリックしていたただけるとランキングに反映されます!
応援してくださる方はよろしくお願いします^^
食事記録はこのバナーの下です。
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村




昨日の食事記録

あさ
パンとコーヒー

らんち

よる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

記事アーカイブ

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。