AIH・入院生活

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎。

この疾患も自己免疫性肝炎と同じく、

国の特定疾患、

いわゆる難病の一つです。

特定疾患の中では患者さんの比較的多いメジャーな疾患です。

 

これも、自己免疫システムの

異常が関与していると言われていますが、

詳しい原因は不明です。

 

私はこれを、

6年ほど前から患っています。

私は、発症時は少し大変でしたが、

以後はうまくおつきあいできていたかな、

という感じです。

この病気も、酷くなると、

ステロイド剤投与と絶食、

という入院治療せざるを得なくなったり。
 
 
酷くなると、最終的には大腸を全摘、または一部摘出して、人口肛門にしたりすると聞いています。

 

潰瘍性大腸炎は、

20~30歳代の若い人に好発というのも、

この病気の特徴です。

なお、男女差はなし。

詳しくはこちら

で説明されています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

月別アーカイブ

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。