ブログ

【読書日記】ルビンの壺が割れた (&新年ご挨拶)

あけましておめでとうございます。
今年もゆるっとお付き合いいただけましたら幸いです。

このブログが活発になるとしたら、
それはひまわりんが昔のように
旅行やインドに行きまくる日々が戻るか、
病気が悪くなるかですw

今年は本を読みます

福岡-東京間の飛行機の中で、
一気に読んだ2022年の1冊目。

母がすごく本を読む人で、
最近は母のお勧めを読むことが多い。

それでも借りた本は開かれぬままのものの方が多い。

そんな私に、
「これはサクッと読めるわよ」
と。

というわけで本当に機内で読み始め、
機内で読み終えました。

ネタバレとなるので書きませんが、

何!?この小説!?」

という読後感。

帯にある「大どんでん返し」かどうかは置いておいて、
スタートダッシュにふさわしい一冊でした。

本を今年は読もうかなぁ〜、と思っている人にお勧めです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルビンの壺が割れた (新潮文庫) [ 宿野 かほる ]
価格:539円(税込、送料無料) (2022/1/2時点)


今年も新しいチャレンジを

昨年は、念願の家具を手に入れました。
ひまわりんにとっては大きな大きな買い物でした。

また、無理だと諦めかけていた
東京五輪のボランティアにも参加することができました。

その時のエキサイティングな業務がきっかけで、
ゆるーくとですがフランス語の勉強を始めました。

他には、ヨガの仕事もオンラインクラスを
定着させ運営スタイルをブラッシュアップしました。

今年も小さなチャレンジは積み重ねていきたいです!

今年は自分を認めてあげよう

上で小さなチャレンジを挙げてみましたが、
実は自分は何も進歩していないと惨めな気持ちになり、

「せっかく2度も命拾いをしたのに、
こんな自分で許されるのだろうか・・・」

と自己嫌悪に陥ったときがありました。

でも、温かな目で自分を見ると
いろんなチャレンジ(めっちゃ小さいけどね)をしていました。

それに気づかせてくれたのは、
まわりの大切な人たち。

今年は少し自分を認めてあげるというか、
甘やかすわけではないですが、
ストイックを少しお休みするというか。

そして、大切な人たちをより大切に。

そんな風に過ごしてみたいと思います。

みなさんはどんな2022年を過ごしますか?

【あとがき】このブログも12年目を迎えました。当時の読者さんでまだ読んでくださっている方はいるのだろうか・・・闘病記録で始めたブログだったことから、治療の記録や検査結果、その当時の気持ちなどは全てここに記してあるので、もし何らかの事故で全て消えてしまったら困るのだけでなく寂しい・・・でも、その保険として残していたアメブロも去年アカウントから全消去しました。現在の本ブログは運営費が毎月かかっているので永遠に残すことはできないのですが、見てくださる方が激減しない限り続けていこうと思います。やっぱりなんだかんだ肝臓・大腸関連の記事が根強く人気ですしね。というわけで、今年も更新頻度は低いと思いますがよろしくお願いしますーーー。

「今年もお互い健やかに!」のしるしに、下のバナーもクリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

ひまわりんブログが初めての方は、
こちらの「はじめまして、ひまわりんです」もぜひご覧ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

月別アーカイブ

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。