ニキビ・ムーンフェイス対策

ホームピーリング&アダパレン&ビタミン

【近頃のお薬】
●プレドニン5mg 2錠(朝2)
●ウルソ100mg 6錠
●ワンアルファ 0.5μg 1錠
●マグミット330mg 3錠
●ガスターD錠20mg 2錠

●ピドキサール20mg 3錠
●フラビタン10mg 3錠
●ディフェリンゲル0.1mg(外用薬)

昨夜の皆既月食、
とても神秘的でした
[みんな:02][みんな:03]

さて、薬の副作用から生ずるニキビを
また薬で抑え込むのはいかがかなとも思いつつ、
耐えられなくなり再度皮膚科へ。

先日書いた「過酸化ベンゾイル」は
まだ取り扱っているところは
多くなさそう。
日本では医薬品での認可が降りず、
化粧品グレードでの発売のようです。
米国では、プロアクティブをはじめニュートロジーナなどの
ニキビ用商品にも配合されていて、
今現在最もポピュラーで効果が高い
成分とされているようです。

先日カウンセリングを受けた
美容皮膚科にまた行くかとか、
個人輸入とかを考えたあげく、
今すぐこの肌を対処したいので
とりあえず、最新じゃないけど
外用薬で試してみる価値がありそうな
「アダパレン(日本の皮膚科レベルで
今一番ポピュラーで効果が高いと
されているもの)」狙いで、
普通の皮膚科に行ってきました。

もちろん、ステロイド長期服用中で
あることを申告した上で、
ディフェリンゲル(アダパレンの商品名)
という外用薬をビタミン剤とともに
処方してもらいました。

あと、これまた
試してみる価値ありげなピーリング。
とはいえ、
いきなりケミカルピーリングは
なんとなくハードルが高いので、
まずは「ピールバー」という
石けんタイプのもので洗顔する
ホームケアタイプにチャレンジ。

まだ、2日目だけど、
このトリプルアプローチで
ニキビが減ってきました。
もちろん、ステロイドの減量も
大きく寄与しているでしょう。

また、ひまわりんの場合、
ディフェリンゲル使用で報告の多い
副作用(極度の乾燥、腫れ、赤み、
ピリピリ)も特に出ておらず、
続けられそうです。

ステロイド副作用からくるニキビでも
対処できなくはないかもしれません[みんな:01]

また、進捗報告します。

よかったら、こちらクリックしてね。

にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

月別アーカイブ

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。