AIH・退院後

転医への準備

先日、外来に行った時のこと。

たいていぶっきらぼうで結構テキトーな主治医ですが、
その日は更にびっくりでした。

 

名前を呼ばれ、診察室に入った途端、

「CRP反応もほとんど出てないし、他も問題ないね。
今の薬そのままでいいね。」

と言いました。

私は、採血結果を打ち出した用紙を見ながら

「あのう??問題ないって・・・
AST、ALTがそれなりに高く肝臓がまた悪いみたいですけど・・・?」

「あれ??ん??見落としてた・・・
何、これ、高いね。697??どうしたの?」

「・・・(絶句)」

 

ここで半年前から経緯を簡潔に説明。。。

 

実は毎回こんな感じ。

 

先生がお忙しいのは重々承知しています。
一人一人のことをいちいち覚えていられないと思いますが、
カルテに簡単に目を通しておいてくださってもいいのでは??

 

この先生のテキトーな感じは決して嫌いではないのですが、
自己免疫性肝炎の話になると、
私が持つ情報量以上の回答は得られません。

そして、どうしても私とAIHが結びつかないみたい。

酷い時の私を見てないから無理もないとは思う。
不安をぶつけても
「若いから大丈夫」
って取り合ってもらえないこともあったりして・・・

 

所詮、UC専門の先生、ということなのかな。

 

病状が安定していれば、それでもいい。

でも半年の間に3回再発、って
せめて、患者の前では真剣に考えているふりでもしてほしい。

 

自己免疫性肝炎はどこの病院で受けても
基本的に治療は同じ。

第一選択薬がウルソ、ステロイド。

あとは免疫抑制剤。

それしかありません。

最後は移植。

 

でも、たとえ同じ治療だとしても、
信頼のおける専門医の元で治療を受けたいと思う。

そんなこんなもあり、実は1月から転院を申し出ています。
もちろん、本音は伏せて(笑)

「復帰した際に、遠くて通院が困難」

ということを全面的に押し出して。
復帰しなくても往復4時間かかるのは、すでにかなり負担だし。

 

主治医も紹介状を書いてくださることになっているのですが、
まずは病状を安定させてからということで
まだ話が先に進んでいません。

主治医のことは尊敬しているし、
何より長年お世話になっているので
こういうことって何度も話題に出しづらくって。

 

でもこのままじゃいつまで経っても安定しそうにないから、
早めに他の専門医(もう意中の医師は決めています)に
紹介状を書いてもらえるようタイミングを見計らいつつ、
再度、勇気を出してお願いするつもりです。

 

そして、この再燃の負のサイクルから抜け出して、
早く楽になりたいよ。

 

長い文章読んでくれてありがとうございます。
こちらもクリックしてくださいますとうれしいです。
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村




 

【本日の記録】
強い吐き気と食欲不振
右上腹部の鈍痛と腫れ
黄疸?
37.2℃

コメント

    • hide
    • 2012年 3月 08日

    SECRET: 0
    PASS:
    自分がクリニックを変えた理由で似ているところがあります。
    患者の苦しみを、軽く見ている!
    専門医では無かった!
    治療法の先が見えない!
    心を感じない!
    親近感が湧かない!
    もっともっとあったような!!・・・
    ひまわりんさんは、これに加えて、凄く遠い!と
    いうのが加わるのですね。
    更に、新たなところに行きたいのに行けない・・・
    ということもストレスになるでしょうし、生活に前向きになれないのかもしれません。
    自分が失敗した理由は、上に書いたことに加えて、内科治療はどこでも同じ!と考えていたことでした。
    もしも、心が決まっているのなら、無責任な言い方しかできませんが、専門医に早く行けたならよいですね。
    新しい先生・・・引き出しが多くて親身になってくれる先生だったら良いです。
    きっと条件が様々違うので、自分と比較してはいけないのでしょうが・・・
    自分の目線でしか、ものを言えなくて、ごめんなさい。
    でも、簡単に決められることではないんでしょうね。。。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >hideさん
    こんにちは。
    そうですか。
    共通点ありますか。
    やはり、自分の体ですからね、
    自分で納得いくところで診てもらわないと。
    今の主治医はとても有名な先生で
    私なんかよりももっともっと遠くから
    通院していらっしゃる方もたくさんいるようです。
    hideさんもご存じかもしれません。
    UCの話なら心も感じるし、
    親近感はもう長いですから当然ある。
    でも私はもうUCだけではないから・・・
    もし、今レベルの診療だとしても
    近くなる分良しとしたいと思います。
    新しい先生、引き出しの多いかは
    わからないけれど、温かそうな先生のようです。
    同系列なので穏便に転医したいと思っています。
    いつもhideさんありがとう。

    • 2012年 3月 08日

    SECRET: 0
    PASS:
    実はといったら何ですが、少し前からそう思っていました。ただ、転院しても医師との相性は判らないし、肝臓メインになったら肝臓の先生に紹介してもらえるのかなと思っていたので、言えませんでした。
    UCの事もあるでしょうし…
    が、ひまわりんさんがそう思っているなら、転院をお勧めします。決してけしかけているつもりは無いのですが、やはり肝臓は肝臓の専門医におまかせしましょう。転院の理由はバッチリですよ(笑)それでOKです。
    一歩進んでみて下さいね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >猫さん
    こんばんは。
    本来ならば、せめてUCが落ち着いたところで
    転医を、と考えていましたが、
    1月に思わぬ再燃があったため
    少し早まりました。
    今の大学病院にも
    肝臓専門医は何人かいるのですが、
    遠いので・・・
    確かに、相性はわかりませんよね。
    今の先生のことは好きですし、
    新しいことにいろいろチャレンジされていたり、
    尊敬しています。
    お人柄は素敵だなと思うだけに、
    申し出づらいんですよね^^
    次もそういう方だといいなと思います。
    また報告します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

記事アーカイブ

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。