自己免疫性肝炎 AIH

外来診察結果

今までで一番良い成績でした。
基準外が本当に少なかったです。

AST12、ALT9、γ11

IgG値も1500台まで低下。超Great!
連日のタフな生活を鑑みると、かなり優秀です。

ただ、この連日のフワフワフラフラの原因は時差ボケではなく貧血でした。
もともと貧血気味ですが、
ここ最近は10をキープしていたので少ししんどいかな、

7.9でした。

UC(潰瘍性大腸炎)の下血が少し酷いからなのか、
それともプレの減量とともに元の貧血体質が戻ってきたということなのか?

鉄剤や増血剤の話も出たけど、
ここでこれ以上薬は増やしたくないし、
もちろん薬同士の副作用も何があるかわからないし、
とりあえず自力で乗り切ることにしました。
この貧血状態も裏を返せば、

元々のひまわりんの体質に着実に戻っていっている、

と前向きに捉えることもできる?

【新しいお薬リスト】(2013.4.16~)
AIH
●プレドニン1mg ×2錠
●ウルソ100mg ×6錠
●ガスターD錠20mg ×1錠
●ワンアルファ 0.5μg × 1錠
●メチコバール錠 500μg × 3錠
(ビタミンB12製剤 末梢神経障害治療薬)

UC
●リンデロン坐薬0.5mg×2~3(容量調整可)
NEW●ミヤBM 6錠
●セレキノン錠100mg×3錠
●コロネル細粒83.3% 0.6g×3包
●フェロベリン配合錠(頓服として)

ビオフェルミンとラックビーはこれまで粉で服用していましたが、
ミヤBM(粒状)に変更になりました。
旅行時など粉薬はけっこう嵩張るので、これは助かります。
粉は飲むのに時間もかかるし。

photo:01


ただ、まれにお腹に合わないこともあるそうでしばらく様子見です。

お願いです。
自己免疫性肝炎の方の閲覧率をザックリ測りたく今回の記事のみ、
「自己免疫性肝炎の方、疑いの方、あるいはそのご家族の方」
にここをクリックお願いできたらと思います↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

ご協力ありがとうございます。

【本日の記録】
UC4(トイレの回数は7~8回)
このだる重とフラフラは貧血だったのかぁ。

関連記事

  1. 濃厚紫いも
  2. 手強いムーンフェイス
  3. 3回目の骨塩定量検査 2014.1.21
  4. 2015.7 外来診察結果 AIH
  5. 旅行用 12泊14日分の薬リスト
  6. 肝臓チクリ
  7. 2017.10 外来受診記録【AIH 自己免疫性肝炎】
  8. 新犬山分類

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    肝数値もIgGも下がって良かったですね。
    貧血になった事は無いけど眩暈は良くありますが違いますものね。
    これだけのお薬、私なら間違えてしまう(._.)薬は増やしたく無いですよね。私も数年間飲み続けた薬が終わったと思ったら今回の病気確定(ー ー;)解放される事は無いんだろうな~(´・_・`)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >aliceさん
    こんばんは。
    眩暈とは違いますが、それはそれでしんどいですよね?大丈夫ですか??
    薬は一つでもいいから減らしたいと常に思っています。
    一週間分の朝昼晩と仕切って収納できる100均ケースにあとちょっとで入り切らなくて悔しい思いをしています(笑)
    いつか半分にでもなればいいな~。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

記事アーカイブ

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。