フランス

ストライキに見舞われたらこうなる

羽田ー中部

中部ーヘルシンキ

ヘルシンキーロンドン

ロンドンーパリ(陸路)

という、
とんでもない行程になってしまいました。

今、無事ヘルシンキまで着きましたが、
羽田では、

「オーバーブッキングのため乗られない可能性がある
そのときはごめんなさいエアフラに言ってください」

とJALで言われ、
なんとか中部までは行けたものの、

中部では、これからロンドンまで利用するフィンエアーのカウンターにて、

「ただいま2席足りない状態です。
エアフラが、すでに満席のところに予約を勝手に突っ込んだようです。
なんとかしてあげたいけれど、今のところはチェックインを受け付けられません」

と。
次々と皆がチェックインする中、途方に暮れる。
一筋縄では行かないだろうと予測はしていたけれど、
まさかのまさか、名古屋で行き止まり?せめて日本は出国させて~!
ヘルシンキまでは今日中に行きたい。

そんな思いが通じたのか、奇跡的に空きが出た。
というか、なんとかしてくれたのかもしれない。

ここから、さすがに無事に!と思いきや、
ヘルシンキまでやっと無事に着いた~という安堵感からか、
手荷物の一部を機内に忘れてしまう。

取りに戻ったけれど、もう機内には入れないし、
スタッフが探してくれたけれどもう全て引き下げた後だった。

「一度出国してArrival Hallまで行ってみれば?
なんとか間に合うと思う。」

という言葉を信じて、少し無謀かもと思いつつ、一旦フィンランドに入国。

ちなみにこれから行くロンドン UKはシェンゲン協定結んでいないので、
本来ならば、
ここで入国はせずにトランジットのみでOK。

結局荷物はなくて、泣く泣く走り出国ゲートへ。

これが嘘~??の長蛇の列。

甘かった。。。

飛行機をここに来てミスしてしまったのです。

次のロンドン便は3時間後。

まあ、3時間後にあるだけ良かったのですが、
今日中にパリなんて到底無理。
はぁ。。。

しかも、私のLondonまでのチケットは
せっかくビジネスにアップグレードされていたのだけれど、
エコノミーに戻されてました(笑)

でも、ラウンジパスだけは、
元のビジネスボーディングパスが効いていて、
ラウンジが使えました。

ああ、暇だぁ。でも、こんな時間もいいかもね。

{571AD2B4-DF19-4531-B549-6CC19D620722:01}

フィンエアーラウンジ、さすが北欧家具、食器で囲まれたオシャレな空間です。
中国北京のラウンジとは大違い。

中国北京のビジネスラウンジ記事はこちら

ブログ村のランキングに参加中です。
こちらもクリックしていたただけると励みになります↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

記事アーカイブ

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。