AIH・退院後

退院16日目 PSL20mg(病院へ)【AIH自己免疫性肝炎】

【本日のお薬】
●プレドニゾロン5mg 4錠(朝3-昼1)
●ウルソ100mg 6錠
●ワンアルファ 0.5μg 1錠
●マグミット 3錠
●マーズレン 3包

今日は病院に行ってきました。
朝行って夕方帰宅の一日仕事汗
近所の大きな大学病院なんだけど、
その昔小児科でかかっていた記録が
残っていてビックリ!!

それはさておき、今日の目的は、
続く胃痛と上腹部痛に対するお薬と、
血液検査。

血液検査については、
肝機能の数値は安定している。
白血球は相変わらず高かったけど。

上腹部痛については、
エコーで診てもらったけど、
気になっていた腹水も溜まっていなくて一安心。

胃痛に関しては、
結局パリエットを処方された。
ここの病院でも、
膠原病の患者さんなどにプレドニンと
一緒に必ず処方するのだそう。
しかも、長期で投薬しているらしい。
パリエット自体は作用が強くて、
あまり長期投与は好ましくない
みたいなんだけどなぁ。

あと、この病院でもAIHについては、
プレドニン5mg~10mgを
維持量として一生服用し続けるみたい。
それから、
「あなたのような若い方での発症は
かなり珍しいですね」
と。
AIH患者としては若者らしい(笑)

うーん、
ステロイドからは離脱したい。

さぁ、今までは
慎重に大事をとっていたけれど、
明日からはもう少し体を動かして
積極的に体力戻していこうグー

2011.11.1記

よろしければ、
こちらもクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

コメント

    • 頑張るママ
    • 2011年 11月 01日

    SECRET: 0
    PASS:
    私も病院に行って来ました。
    妊娠中は、肝機能がすごく落ち着いていましたが、出産してから ちょっと悪くなってきました。骨粗しょう症の相談もしましたが、授乳を取るか、骨粗しょう症対策の薬を飲み始めるか、天秤にかけて選択するしかないみたいです。
    もう少し授乳しながら、腰痛の痛みによっては、授乳も断念せざるを得ないかもしれません…
    こんな病気にならなければ、思う存分おっぱいを飲ませてあげられるのに…悲しくて今日は落ち込んでいます。
    こんな良いお天気なのに、ごめんなさい。
    前向きになかなかなれなくて、こんな話で本当ごめんなさい。子供の顔を見ると前向きにならなきゃって思うんですが、今日はダメみたいです。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >頑張るママさん
    こんにちは。
    月曜日の病院は混んでませんでしたか??
    ひまわりんは病院行くだけで
    具合が悪くなってしまいました。
    さて、圧迫骨折後の腰椎の具合は
    その後大丈夫ですか??
    無事出産も終わられたので、
    これからはママの体を第一に考えて、
    授乳については残念ですが、
    骨粗しょう症治療のお薬を開始するのも
    考えていただけたらな、
    同病を抱える同士としては思います。。。
    腰椎はとても大事な場所ですし、
    これから子育てで負担がかかるでしょうし。
    と前向きになれないときに
    こんなことを言ってごめんなさい。
    でも頑張るママさんあっての
    赤ちゃんだとおもったので。
    またいつでも弱音吐きに来てくださいね。
    私もいつもここで愚痴ってます。

    • 頑張るママ
    • 2011年 11月 01日

    SECRET: 0
    PASS:
    >ひまわりんさんへ
    お返事ありがとうございます。骨折してから違う箇所も痛くなっています…また骨折したのか??今日は痛みがあるので、余計に辛くなっています。
    お医者さんの話では、骨粗しょう症対策の薬は、個人差があり効果がある人ない人、あと効き始めるのに時間がかかるとも言われました。
    昨日の段階では、離乳食頃まで頑張って続けるつもりでしたが、今日は腰が痛くてこの不甲斐ない体にくやしくて、弱音を吐いてしまいました。ごめんなさい。
    健康優良児で、骨太の私がまさか、こんな病気になるなんて、思いもというか、こんな病気の存在すら知らなかったです。
    ひまわりんさんも、お大事にしてくださいね(__) また遊びに来ます!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >頑張るママさん
    なんと申し上げたらよいのか・・・
    つらいですよね。
    こんな病気、私も知りませんでした。
    なんで私が、って何度も思いました。
    違う病気で投薬の副作用で骨粗鬆症に
    なってしまった友人がいます。
    その友人も投薬から3年後位に
    腰椎の圧迫骨折を経験しています。
    骨への影響は1-2年後くらいから出てくると
    私も医師に言われました。
    すでに測定済みかもしれませんが、
    まだでしたら骨塩定量の検査を
    希望されてみてはどうでしょうか??
    とにかくお大事にされてください。
    またお待ちしています。

    • 頑張るママ
    • 2011年 11月 09日

    SECRET: 0
    PASS:
    >ひまわりんさん
    色々アドバイスありがとうございます。
    ひまわりんさんの圧迫骨折したご友人は、その後 大丈夫なのでしょうか?
    私は あれから痛みが強い時が何度もあったので、再度整形に行ってどのような状態なのか、 聞いてこようと思います。
    更に圧迫骨折箇所が増えているようであれば、授乳も止めて治療に専念した方が良いかなと…
    ひまわりんさんがいずれ赤ちゃんが授かった時、授乳か治療か?で私のように苦しい思いをしないように今から 骨対策しておいて下さいね!
    赤ちゃんからおっぱいを取り上げるのは本当に悲しい事ですから…

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >頑張るママさん
    腰の具合はどうですか??
    私は、赤ちゃんのこれからの子育てのことを思うと治療に専念してもらいたいという気持ちでいっぱいです。
    ただ、もしママさんが2人目を考えていらっしゃるのなら、ビスホスホネート薬剤での治療はオススメしないなぁと。
    治療に入られる場合は、きちんと、副作用の説明を受けてくださいね。
    ビスホスホネートについては、
    そのうち記事アップしますね!
    あと、ママさんの症例もひまわりんのアーカイブに追加させていただいてもよろしいでしょうか?
    ご協力いただけますと、幸いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

月別アーカイブ

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。