AIH・全般

「自己免疫性の肝臓病について」の講演会に参加してきました

「自己免疫性の肝臓病についての講演会」に参加

昨日は、東京都江東区深川保健所で開催された「自己免疫性の肝臓病」についての講演会を聴講してきました。

お話ししてくださったのは、帝京大学医学部の田中篤教授。

自己免疫性の肝臓病、下記3つの話がテーマでした。

自己免疫性肝炎 AIH
原発性胆汁性胆管炎 PBC
原発性硬化性胆管炎 PSC

肝臓とは?胆道とは?から始まり、それぞれの疾患についての説明がありました。

AIHについては既知の情報が殆どでしたが、PBC、PSCについてはよく知るいい機会となりました。

PBCについては明るい話が多く、新薬開発が進んでいて、特に期待されているのが「抗フラクタルカイン抗体」。
これが上手く効くと、PBCは治る病気となる可能性高いとのこと。

一方、PSCについては、私も無知だったのですが、診断がつくのは早い(つまりAIHのように肝生検など負担のかかる検査は必要なく血液検査で確定診断可能)ようですが、原因や治療法がまだまだ確立されておらず、肝移植をしたとしても再発も多いそうです。
そして、AIH、PBCに比べ、予後が不良とのこと。若い方に発症が見られるケースも多いのに・・・、わかっていないことが多いようです。

そして、我らがAIHで期待される次世代のお薬としては、ヨーロッパでは臨床結果もあり推奨されている免疫抑制剤「ミコフェノール酸モフェチル」。
研究班は来年2018年にも臨床実験を進めたいとのことです。ですから、うまくいったとしても早くて認可は、2022〜3年というところでしょうか。

ちなみに、余談的なお話の中で、肝臓を患った方の1/3〜1/4が飲酒する人という話がありました。
これは裏返せば、お酒を飲まない方の方が、肝臓を患いやすいとも言えると思うのですが、どうなんでしょう?

日本国内の患者数は、

AIHは2〜3万人
PBCは7〜8万人
PSCは5千人

と、結構いらっしゃるんですね。
6年前自分がAIHを発症したときは、8千人位と聞いていました。確定診断がつきやすくなったのかもしれません。

今回講演された田中先生たちが運営されている「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」のウェブサイトリンク「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」を貼っておきます。

なお、今回の講演会、ここでもお知らせしたいな、と思っていたのですが、私が申し込んだ時点でほぼ定員だったため、控えておきました。
あしからず。

昨日の食事記録
ぶらんち
ジルパスタ

おやつ
じゃがりこ2箱

私にじゃがりこを与えないでください。お願いします 笑

よる
{7A632C3C-0954-4E09-BCD4-878569859C8E}

 

いつもお立ち寄りありがとうございます。
↓クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    久々にお勉強させてもらいました。
    ありがとうございます。
    やっぱり再燃した事は大きくひびくみたいですね。
    希望の光は2年寛解状態だったら減薬できるのではないかと書いてあったとこれです。
    うちの病院は大阪大学系列で部長先生は肝臓ではベストドクターに選ばれている先生です。
    なので余計に安全策を取ってなかなか前に進ませてくれないのかも知れません。
    AIHの治療薬が生きている間に手にできて安心して生活できる日が来るといいなぁと思いつつも、どんな薬も副作用があるんだよなぁ…と思ったりもします。
    プレドニンやイムランを飲んで普通に生活していけてる今は今でありがたい事なので自分の人生を楽しんでいきたいです。
    ひまわりんさんみたいに1人旅ができるように…イヤイヤ…1人飯ができるようになるのが目標です。
    ちっちぇ…私(´・_・`)

    • パナパシ
    • 2017年 9月 24日

    SECRET: 0
    PASS:
    貴重な情報ありがとうございます!
    定員になるほど興味ある方が多いのですね。
    私はひまわりんさんや、同じような病気を経験した、経験してる方とお会いできたことで、
    とても精神的に落ち着いたので、
    こういった講演会は「一人じゃない感」が増しそうで意義があるなーと思いました。
    いつか参加してみたいです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ゆうさん
    こんばんは。
    この田中先生も仰っていたのは、
    AIHのステロイド服薬はずーっと、だとのこと。
    減薬はできても、断薬という概念はなさそうです。
    医師たちの中で、中断すると一年以内に再発するというのがもう暗黙のガイドラインというか、ゆるぎない定義のようです。
    私みたいにステロイドゼロでも3年近く再燃していない人もいるのに。
    この辺りはもっとよく各々の症例を、そして患者自身を診てもらいたいと思うところです。
    いずれにしても、
    希望を捨てずに明るい未来を期待したいですね。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >パナパシさん
    こんばんは。
    そうですよね、仰る通り!
    1人ではないんですよね。
    ただ、講演会に行くような若年世代がいないのかもしれませんが、
    おそらく自分世代の方すらいらっしゃらなかったのは少し寂しかったです(笑)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    専門的な講習会のお話をしみじみ読んでいましたが…おやつに、じゃがりこ2箱で吹き出しそうになりました(・o・)
    うちの息子や娘も食事前にじゃがりこを食べたりしている事あり、前菜のサラダ的な感じ!?な感覚らしいのですが…

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >クリオネさん
    こんにちは。
    お、お恥ずかしい。。。
    分かる気がします。
    そういえば、じゃがりこを熱湯で溶いて
    ポテサラにしている友だちが学生時代にいました。

    • NK-Kawa
    • 2017年 10月 31日

    ご無沙汰しております。
    こちらにお引っ越ししたんですね。
    私も以前、板橋の保健所で田中先生がお話された時に聞きに行って来ました。
    とても分かりやすい公演だったのが印象的でした。

    この先生メールででQ&Aも受けてくれるんですよね。

      • ひまわりん
      • 2017年 10月 31日

      こんばんは。お久しぶりです。相変わらず、アクティブに活動されていらっしゃることでしょう。
      そうなんです。こちらへ引っ越しました。たまには遊びに来ていただけたらうれしいです。

      確かに、田中先生、「メールいただければ返信します」とのことおっしゃっていました。
      Kawaさん何か質問されたのですか??

        • NK-Kawa
        • 2017年 11月 08日

        幾つか質問しましたが、1番聞きたかったのはレース復帰が可能かです。
        解答は可能でした。主治医も同意見で、先日2年半振りにレース復帰して来ました!

        ブログ書かなきゃと思いながらなかなか(笑)

          • ひまわりん
          • 2017年 11月 09日

          さすが! Kawaさん!
          レース復帰おめでとうございます!!

            • NK-Kawa
            • 2017年 11月 09日

            (^^)v

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事アーカイブ

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。