ブログ

膵臓の検査結果はグレー

膵臓問題ありませんでしたー!
とはなりませんでした。
可能性は3つ。
高い順に、
・副脾
・自己免疫性膵炎
・膵癌
レポートには、
副脾疑い、膵癌は鑑別となり(完全否定はできない)
とあります。
でも、主治医からの依頼には、
膵癌というワードは一切使われていなく、
「健診で要精密検査のようなのでよろしく。
ちなみに、UC、AIHです。」
だけなのに。
はあ??
私の家系に癌になった人は1人もいないし、
ほぼ大丈夫だと思っているけど、
いろいろハッキリするまでは、
もやもやブルーな日々。
主治医は、造影CTを取れば確実にわかる、
って言うんだけど、
じゃあ、どうしてはじめからそっちを
やってくれなかったのー?
と。
体への負担等考えてくれてのことだと思いますが。
なお、
副脾とは、私も初めて聞いたのですが、
生まれつき脾臓が2つある人がいるんだそうです。
急にできるものではなく、
生まれたときになければ、
後天的にできることはないそうです。
実は10人に1人くらいの割合でいて、
別に病気でもなんでもないんだそうです。
ならば、これまで散々、
肝臓やら、脳やら、全身やら、
CT、MRIといった画像診断もエコーも
やってきてるのだから、指摘されてもいいはず。初めて言われました。
もしかしたら、画像にうつっているけれど、
治療に結びつくものじゃないから、と、
わざわざレポートに書いていないのかもしれない、とか。
昔の画像診断データを、
自己免疫性肝炎で入院していた病院に取り寄せることにしました。
過去のデータには映っていなく、
副脾が万が一否定されたら、
まずAIHの先生にも相談の後、造影CTを受けます。
というか、そしたら検査受けなくても
完全にまっ黒です。
「セカンドオピニオンも希望するならやってね、
データはきちんと出すからね」
って言われたことも、
悪い方に考えてしまうよー。
暗い更新でごめんなさい。

にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村



関連記事

  1. 頭痛発生の法則
  2. 今週もバタバタ
  3. Shellac Nail シェラックネイル
  4. 断捨離ではなく、取捨選択
  5. 今年初の紫芋スイーツ
  6. 美しくて、優しくて、美味しい食事
  7. 野菜 野菜 野菜
  8. 絶対知り合いに会わない飲み屋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

記事アーカイブ

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。