自己免疫性肝炎 AIH

AIH 自己免疫性肝炎に対するよくある誤解

肝炎ってどんなもの?ご存知ですか?ひまわりんは自分自身が自己免疫性肝炎になるまで、ほとんど知りませんでした。

いわゆる、B型肝炎、C型肝炎といったウイルス由来による肝炎が80%以上。
それから、アルコールに由来する肝炎が約10%、また薬剤由来の肝炎が5%。
そして自己免疫性、つまり免疫系の異常による肝炎が1~2%、らしいです。

ここで、「アルコール性って意外に少ないだな」と思われた方もいるのではないでしょうか。
「肝炎」と聞くと、やはりアルコールの飲み過ぎというイメージが強いですよね。

実際に、ひまわりんはお酒には強い方で、いわゆるザルだったので、私を知る人が病名を聞くと、「あー、飲み過ぎで、肝臓悪くしたのね」と思われてしまいそうです。

それはさておき、この「自己免疫性肝炎」という病気は、自己免疫疾患であるので、個人的な分類としては、膠原病だと思っています。
自己免疫の働きがおかしくなって、攻撃してしまった標的がたまたま自らの肝臓だったってだけで。だから、他の肝炎とは同列で語るのは少し違うような気がしています。結果から述べると「肝炎」で、事象に基けば「膠原病」。

この暴走した免疫の攻撃対象が、腎臓なら「自己免疫性腎炎」だし、大腸なら「潰瘍性大腸炎」だし、小腸大腸という消化器系全体ならば「クローン病」、、、
他にもいろいろありますね。

しかも、他の一般的(?)な肝炎と違い、完治はありません。
原因も不明だから、難病。

肝炎というポヒュラーな病名がついておきながら、極稀な疾患なだけに、なかなか理解が得られにくいのが現状なのかな。
医療従事者であってもきちんと知識のある人は少ないのでは?と思う今日この頃でした。

よろしければ、こちらへもクリックお願いします。
ランキングに参加中です↓↓
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村

コメント

    • 2011年 10月 04日

    SECRET: 0
    PASS:
    ひまわりんさん
    実は私もザルでした(笑)
    だから、肝炎、って言うと、やっぱりね~なんて言われます。
    自分でもアルコール性肝障害の方が納得出来るんですけどね。恐るべし?ジコメン。
    なったもんは仕方ない。受け入れるしかない。
    外は一気に秋空です。病院にいると季節はなかなか感じられないと思うけど、心穏やかに過ごしてくださいね。ではまた。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >猫さん
    ブログ拝見してて、
    もしや?
    と思っていましたよ(^。^)
    いろんな嫌な過ぎ去ったことは
    寝たら忘れました。
    そうそう、この病気のことを
    母とはジコメンって呼んでます。
    でも活字にすると、
    ジメチコンと混同するんです。
    どうでもいい話ですが。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    コメント読ませてもらっちゃいました。
    自己免疫疾患っていう堅苦しい言い方より、ジコメンって言い方いいですね~
    私は勘違いされてる場所が腎臓と肌なので、ひまわりんさんと症状は違えど、ジコメンという意味では同じです。
    ストレスとかがかかると、自分の弱い部分を攻撃してしまうんですかねぇ・・・
    健全な生活をしていれば良くなるって信じて前を向きます!!
    担当してくれる病院の先生にも相性というか、運というのか、そういうのありますよね。。。
    良い先生にめぐり会えるといいですね。

    • 2011年 10月 05日

    SECRET: 0
    PASS:
    >ひまわりんさん
    嫌なことはさっさと忘れて楽しいことだけ考えましょうね!きっと肝臓くんにもそれが良いはず。寝るのが怖くて寝そびれちゃった猫でした(笑)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >ぽりーさん
    ジコメン、恐るべし。
    私もこの先、
    ぽりーさんのように相性のいい先生、
    信頼できる先生に出会えたらいいなと
    思います。
    いちおう、目星はつきました。
    アタックするのみです(笑)
    なんだか、お見合いみたい。
    私は今副作用で肌がもう見ていられないくらいボロボロで、この姿を見た人はきっと皮膚科の入院患者だと思うのでは?
    と言う感じです。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >ひまわりんさん
    先生の目星はついているんですね☆
    良いご縁でありますようにo(^-^)o
    ってほんとお見合いじゃないですよね
    私はいい皮膚科の先生に出会えたといっても場所が遠いので・・・
    こちらは遠距離?!のようです(笑)
    腎臓内科の方は大学病院なので、すぐ先生が変わって、いい先生について行くってなかなか出来なそうなんですけどね。
    皮膚は見えるから気にしてしまうけど、
    でもそこでストレスをためちゃうとさらに悪化してしまうので、今後のためにも気にしないことが一番ですね!
    (それがけっこう難しいけど(^^ゞ )

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >ぽりーさん
    すごい遠距離ですよね(^-^)/
    それでも、ついて行かれるっていうのはよほどの信頼感が、あるからなんですよね?
    うらやましい。
    肌は本当に鏡を見ると、悲しくて悲しくて。
    ぽりーさんの仰るようにストレスにも、
    気をつけたいと思います。
    本当に皮膚病発症したんじゃないかと
    思うくらいです。
    明日、医師に相談しようと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。