AIH・入院前

見逃していたサイン 其の二

前回はお小水、つまり尿が濃くなるという
前兆について触れましたが、
それと同時期に「便が白くなる」という症状も出ていました。

かなり便秘が続いていたこともあり
そのせいかなと思ったのと
最近色の薄いものしか食べてないからなー

なんていう根拠のない考えで封じ込んでいました。

これまたおバカさんです。

白色便は、胆汁が十二指腸に排出されないことから、
便が着色されず白くなるんだそうです。

ひまわりんの場合は、その代わりに尿が濃くなっていた
ということが考えられます。

沈黙の臓器と言われる肝臓ですが、
さすがに破壊が進めばたくさんのサインは出てくるんですね。

この頃に然るべき医者にかかっていれば
あそこまで悪化せずに済んだかもしれません。

ちなみに、尿、便の色が通常に戻ったのは
AST、ALT数値が1000を切ってからでした。

 

ランキングに参加中です。
よかったら、こちらクリックしてくださいませ。
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村




【本日の記録】
倦怠感1
吐き気2
下血4
右上腹部の痛み2

関連記事

  1. 2016.11 外来受診結果 AIH
  2. IgG4検査結果
  3. 外来診察結果
  4. 【紫いも便り】PURPLE POTATO STICK
  5. AIHとUCの今後の治療計画
  6. 肝生検
  7. 絶不調
  8. AIH 自己免疫性肝炎に対するよくある誤解

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ははぁ~(゚-゚;)・・・
    確かに、そこまで何かしらサインが出ていても、その時の状態(忙しいとか、便秘、ダイエットとか)で、気にしなかったり・・・いろいろありますよね。
    今はそんな無理することもなく、むしろ敏感だと思いますが、サインは大事にしなくてはですね・・・( ´(ェ)`)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >レナッコさん
    こんにちは。
    過敏になりすぎることはないけれど、
    私のように己の体に鈍感すぎる人は
    多少気をつける必要があるかなぁと思います(^^)
    肝臓は大腸みたいにわかりやすいサインがないので。
    あとは、20代、30代って
    けっこう無理がきいちゃったりするところが、
    病気になっても発見が遅れてしまうところが
    キケンです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事アーカイブ

ひまわりんブログをメールで読む

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

アンケートにご協力ください!

Q1:下記どれに当てはまりますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートにご協力ください!

Q2:受給者症の交付を受けていますか?

View Results

Loading ... Loading ...
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。